見逃し動画の無料視聴方法まとめ.com

Hot news channel

速報ニュース

【ネタバレ注意】平手友梨奈主演映画『響』の着席率がやばい!?

投稿日:2018年9月16日 更新日:

Pocket


2018年9月14日(金)に公開したの平手友梨奈さん主演の映画『響 HIBIKI』の着席率がやばいと話題になっています。

 

 

今回はその原因などについて考察して見ました。

 

 

着席率は何パーセント!?


なんと情報によると、『響 HIBIKI』の時間帯着席率は約8パーセントと発表されました。

 

 

これはどういうことかというと、100人入ることができるシネマであれば、約8人しか席に人がいない、つまり8枚しかチケットが売れていないということになりますね。

 

 

こちらの映画は小栗旬さんや北川景子さんも出演していることで話題でしたが、いざ公開し蓋を開けてみれば着席率8パーセント…

 

 

一体何があったのでしょうか?

 

 

 

なぜこんなに着席率が低い!?


全国約300館で公開された『響 HIBIKI』ですが、運営サイドも多額の広告費を費やし、一躍ヒット作とする予定だったのでしょう。

 

 

どの映画館でも比較的、多く人数の入れられるスクリーンを抑えていたと思われます。

 

 

となるともうお分かりでしょう。

 

 

 

席はたくさん確保しておいたのに、チケットは売れない….という現象が起こると、当然着席率はダントツで低くなります。

 

 

運営側もまさかここまで客入りが悪いとか思わなかったんでしょうね…

 

 

実際に見た人の感想は?

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターを見ていると、着席率のわりにはそこまで酷評されていないような気がしますし、むしろ良い意見も多いです。

 

 

ただ、この映画を見ている方に平手友梨奈さんのファンや欅坂46のファンが多いのも事実なので、変なバイアスがかかってしまっているのでは?とも思います。

 

 

「ファンだから楽しめたけど〜」という声があったように、一般の人がどう感じるかをもっと知りたいですね!

 

 

-速報ニュース

Copyright© Hot news channel , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.